茶道10月のお稽古は特別!

鑑賞・体験 comments(0) - ベレーさゆり



どうも!絵しりとり作家のベレーさゆりです😺


短大生の時に「着物が着たい」という理由で

茶道部に入ったのをきっかけに

今ではすっかり茶道歴7年になりました👍


毎月お稽古に参加していますが

10月は茶道にとって特別な月!!

特に今日のお稽古は素晴らしかったのでブログに書いておきます!



10月の茶道は特別!

今しか出来ないお点前があったりお花は敢えて葉が"枯れ"ているのを使う。

その理由は11月の「炉開き」をワッと盛り上げるため。

10月は侘び寂びを大切にするんだとか。


説明しよう👍

釜はお湯が入っているから

暑い時期はお客様から遠い位置に、寒い時期はお客様に近い位置に置くのだ!

寒くなり始める11月に釜の位置を変える、それを「炉開き」と言うのである。



先生が「こんなに良い取り合わせは、なかなかないです😺お茶会レベルのお花達✨」 とおっしゃるので写真を撮らせていただいた。




垂れている黄色いジョウロウホトトギスちゃんはかなり珍しいみたい👀! 






幼い頃から茶道を続けていらっしゃる茶道クラブのリーダーさんも数年ぶりに見たらしい。


先生もここまで育てるのに春から苦労したとおっしゃっていた。



有り難く、全部いただいたので

家に帰って生けたのだが

先生のように自然を感じる躍動感が出せない💦






色も形もみんな違うし難しいね!!!




着物を着始めるチャンスを逃したので

炉開きである11月から着てお稽古に参加しよう🎶

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM